ムートンブーツの手入れの仕方知っていますか?

ムートンブーツの手入れの仕方を教えちゃいます

ムートンブーツの手入れの仕方は、素材によって、
ケアの方法を変えていきます。
短く起毛しているもの、スエードよりもなめらかな仕上げになっているものが、
最近の流行となります。
UGGやEMUもこのタイプです。

 

 

 

この素材は、本来短く起毛させた素材に、エナメルと同じように、
樹脂を吹き付けて、毛羽立ちを抑える加工が施されています。
だから、生ゴムのブラシなどで、ブラッシングすると、
樹脂が傷んで質感が変わってしまうこともあるので、注意です。

 

 

 

スエードのお手入れというと、ブラッシングして日ごろの汚れを落とす、
というのが基本となります。
しかし、ムートンタイプには、この常識が当てはまらないというところに注意です。
ムートンブーツの手入れの仕方では、汚れてからのケアではなく、
汚れが付かないようなケアが大切となります。 

 

 

 

購入したら、防水と汚れ防止のために、防水スプレーをかけておきましょう。
スエード用のスプレーや、万能防水スプレーも大丈夫ですが、
ムートンブーツ用に開発された防水保護スプレーが一番良いです。
靴から20cmほど離し、まんべんなく全体にかけ、スプレーが浸透するのを待ちます。
買ったばかりの場合は、左右交互に、3回くらいかけて、浸透させておくことをおすすめします。

 

 

 

ムートンの白いファーの部分や、化繊のボアにもかけておきたいです。
汚れが防止できます。防水・保護のスプレーは、
できれば月に1回は拭きつけておきたいです。
雨に濡れてしまって、乾いたあとにも補っておきましょう。